江蘇華達化学集団有限会社のホームページを訪問することを歓迎します!

Copyright © 2018 江蘇華達化学集団有限会社

の著作権所有

 苏ICP备05042815号-1    网站建设:中企动力常州

0519-85777292

携帯サイト

友情リンク:華達化学工業       新興華大明化学工業      栄厚国際貿易

お問い合わせ

24時間サービスのホットライン

科学研究センター

RESEARCH

一、科学研究センターの概要

江蘇省を含むフッ素農薬化学中間体工程技術研究センターは江蘇華達化学集団投資、国家農薬創制工事技術研究センターが技術的なサポートとして、江蘇省科委員会が2010年に設立された省級工程センターで、江蘇省常州国家級ハイテク開発区の江蘇華達化に位置している。工集団の江辺基地、建築面積は2000平方メートル以上で、工事センターは主にフッ素農薬などの中間体を含む科学研究、開発、工事化と生産経営を担う。

 

アプリケーション

 

①既存の農薬の中間体に対して、清掃生産の新しい技術研究を行い、固定ベッドの酸化技術研究を展開し、工事技術研究によって、その規模の装置に適用される可行性を確定し、生産コストを低減し、三廃の生成量を減らす。
②科学技術開発によって、通常は合成しにくいフッ素化合物の合成技術を開発し、エンジニアリング技術研究を行い、フッ素化製品のシリーズ化を実現する。
③国際農薬の発展の趨勢を追跡し、市場の見通しのある農薬の中間体を選んで、技術研究と拡大試験を行って、早期に産業化の大生産を実現させた。
プロジェクトセンターは、取締役会、技術委員会の指導の下の主任責任制を実施した。主任は取締役会の指導の下で全面的に制定して中心の計画、研究開発と経営計画、プロジェクト管理などの仕事を実施します。工事センターの従業員は、任命制と契約制を実行し、人材の激励のメカニズムを活性化し、同時に工事センターは開放的な管理を行い、国内外の科学研究機関及び産業界との協力交流を拡大し、国内外の優秀な技術専門家に技術研究開発、工事研研究及び技術伝播作業に参加する。センターは技術委員会を設けて、業界内の専門家が委員を担当して、技術委員会は中心の技術の仕事に対して指導的な相談の意見を提出します。

0~250度における高温中試反応システム              四フッ素化硫黄中試し研究反応システム                                実験室の一角                                                  中制御室

液相色譜(HPLC)、ガス相色譜計(GC)などの分析機器20台

“中心”は施設の先進的な化学実験室と工事の研究中の試験車の間を持っていて、先進的な装備と検査機器を備えています:

- 80度の深寒い低温の中で試反応するシステム

50~1000 L常圧釜式中試写システム(ステンレスとエナメル)

0~7 MP a高圧中の試反応システム

医薬、農薬およびその中間体を研究開発するとともに、主攻としては、従来の方法では合成しにくいフッ素化合物を合成する。
新たなフッ素化合物合成の工業化開発を強化し、特に安全面でシステム改造を行う。
酵素の技術を利用して、フッ素化合物の合成と、手性化合物の分解を含む。

事務所:常州市浜江化学園区北路8号
ファックス: 0519- 85777827

 

工事センターの主任       徐光辉      電話に連絡する:0519-88220673              携帯電話:13951235373

工事センターの副主任     周豪        電話に連絡する:0519-85777827              携帯電話:13515252965

 

六、協力交流

1、海外協力


1 . 2007 - 2010年日本大内化学中央研究所と協力してAD / CD / ODA製品工業化研究を完成し、製品は工業化生産に投入する
2 . 20005 - 2010年日本AGC会社と提携して4フッ素化硫の合成と応用研究を完成させた。

2、国内協力
2008 - 2010年に湖南化学研究院と協力して、カムルウェイの中間体ジジジギル酸ベンチリと5 -塩素- 1 -リトンの工芸研究を完成しました。

3、産学研の協力


2008 - 2009年に南京大学と協力して省社会発展プロジェクトを完成させた。

二、サービスの紹介

①プロジェクトセンター工芸開発実験室、多機能の試車間及び関連機器設備は、当省企業に開放し、水、電気などの工本費用だけを取得し、当省の実験条件がない精密化学工業技術の進歩と技術向上をサポートする。
②省内外の高等学院、科学研究院の科学技術の成果を受けて私の中心に転化を実施します。
③現在のエンジニアリングセンターを利用して、外国企業との緊密な協力の優勢を利用して、海外の技術移転を受け、工事センターで技術を検証し、完備しています。

三、成果の紹介

1、甲ナフナールフェル、乙ナカリンの共同生産は、5000トン/年生産装置を建てて、国家の発明特許を獲得しました。
2、省科学技術攻撃プロジェクトの農薬中間体二塩ナキノンはすでに300トンの/年生産装置を建てました。中国石油と化学工業協会の部級鑑定と省科学技術部門の検収によって、新しい技術はすでに国家の発明特許を得て、国家化学工業の標準を制定して、江蘇省の2005年度のハイテク技術を獲得しました品証明書
3、開発した製品の10フッ素連合ベンゼンはすでに完成した中で試験して研究して、製品はすでに国外の液晶の製品の生産によって応用して、そして省のハイテクの証明書を獲得します。
4、日本と協力して新製品のODAを開発した。
5、研究が完成したのは、甲ナマリンの廃水が硫酸アンモニウムの新工芸を生産し、3000トン/年硫酸アンモニウムの生産ラインを確立して、甲ナマリンの生産廃水ゼロの排出を実現した。

四、研究開発能力の紹介

五、私たちに連絡する